春の風物詩 ハナダイ

ハナダイ は桜が咲く時期に釣れることや、体の色の鮮やかさからそのような名前が付けられているのですが、これは関東地方で呼ばれている名前なんです。
正式名称は「チダイ」です。
チダイは冬場は深いところにいるのですが、春先になると水深20〜50mのところに上がってきます。
そして、春から夏にかけてがシーズンになります。

チダイは、見た目はマダイに似ているのですが、マダイは一発大物狙いが魅力なのに対し、チダイは数釣りが魅力です。

チダイは春以降は味もどんどんよくなります。
鯛めしはもちろん、大型のものは刺身で美味しく食べられます。
出汁として使うといい味も出るんですよ^^

また、チダイは地方によっても釣り方が変わります。
茨城県の方ではエサにはエビを使用し、針の複数付いた胴付き仕掛けを使用しますが、神奈川県の方などでは「ウイリー釣り」が主流で、カゴに詰めた撒きエサでおびき寄せ、エサに似せた擬餌針で釣ります。

なので、いろいろな釣り方が楽しめるんですね^^

ハナダイ釣りにお勧めの釣り船を紹介します。

直重丸(茨城県日立市:久慈漁港)
漁師歴30年以上のベテラン船長が日立沖を案内します!

不動丸(茨城県鹿嶋市:鹿嶋港)
型がよくて評判の鹿島沖で、ダイナミックなハナダイ釣りが楽しめます!

勘栄丸(千葉県いすみ市:太東港)
釣割限定特典!竿とリールのセットのレンタルが無料!

政美丸(神奈川県鎌倉市:腰越漁港)
ウイリー釣りでハナダイを釣ろう!小学生から大人まで大人気の釣り船です!

喜久丸(神奈川県鎌倉市:腰越漁港)
オリジナルのウイリー釣りの仕掛けがオススメ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 釣り船予約 吉明丸 (神奈川県) | ホーム | 釣り船予約 直重丸 (茨城県) »

このページの先頭へ