伊勢海老釣り 餌代を浮かすには?

釣り餌について面白い情報を見つけたので紹介します。
特に 伊勢海老釣り 、シロギス釣り には使えると思います。

海釣りに行く時、餌代ってどれくらいかかっていますか?500円くらいでしょうか?
餌にもよれば、釣りをする時間にもよりますよね。
そんな餌代を1釣行で100円以下にする方法があるそうです。
それが書かれているのがここです。


釣り革命!海釣り用自作餌マニュアル

この方法だと餌代が20円〜30円で済む時もあるそうです。

イワイソメ や ジャリメ 、青イソメ などが餌の基本と言われていますが、
イソメ類を飼育したり、どうにか保存できないかということは悩ましいところだと思います。
飼育したり、うまく保存したりとかはちょっと難しいですよね^^;

イソメは悪臭がするし、ここに抵抗があるという方もいらっしゃいます。
でも、マニュアルの方法だと、そのにおいからも開放されてしまいます。

これを知れば、餌代もかからなくなるし、臭いからも解放されるということですし、なかなかいいのではないでしょうか?^^
(注:このマニュアルは、釣果を保証するものではありません)

え?自作餌なんかで釣れたら苦労しないよ!

あなたがもしそう思っているなら考え方を変えさせる情報となるかもしれません。
この情報を公開されている方は、イソメ等を使った場合と自作餌を作った場合で釣果がどれくらいになるか自分で検証されており、結果あまり変わらなかったという結論にたどり着いたそうです。

それなら安い方がいいですよね?さらに、この餌は保存も可能なんです。
今まで、釣れなかった日に残った餌は捨てたりしていませんか?
何だかもったいないですよね^^;
いくら数百円の餌といえど、長期的に考えたら、気づかないうちにかなりの額を使っています。

そして、自分の作った餌で釣れた時は、普通に釣れる時よりもなかなか気持ちいいもんです^^
そういうところからもまた新しい釣りの楽しさが味わえるマニュアルでしょうね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 釣り船予約 愛宕丸 ( 宮城県 ) | ホーム | ロックフィッシュをバンバン釣る方法 »

このページの先頭へ